Vamos a Cuba!

by キューバ・カレタブエナ観光大使 TOCO

キューバ観光情報 コミュ力UP!スペイン語講座

スパニッシュネームを作るススメ

投稿日:2017年3月3日 更新日:

皆さんこんにちは。キューバ・カレタブエナ観光大使のToco (小島聖子(コジマサトコ))です。

 

突然ですが私にはTocoというスパニッシュネームがあります。

実はこの名前のおかげでキューバや中南米でたくさん友達ができました。

 

もともとはニューヨークにいた時に、英語を母国語とする友達に名前を覚えてもらうためでした。

日本の名前は世界から見てとても特別で発音しにくいので、

どうしても「Satoko」という母音が3つ以上ある名前は覚えづらいようです。

 

中国の友人はイングリッシュネームをもっている子が多く、私も作ろうかと思ったのですが、

なんだか突然「Catharine(キャサリン)」とか「Susan(スーザン)」と呼ばれるのも自分じゃないみたいだし、きっとこれでは自分が慣れるのも大変。

じゃあ単純に母音が2個ならいいのでは、と「Toko(トコ)」と名乗ったら、これが大正解。みんな「Satoko」よりもすぐ覚えてくれるようになりました。

 

そしてキューバを旅しているとき、「トコ?!まるでToco(スペイン語で「触る」の意味)みたいだね!」とキューバの方に言われ、

そのまま「Toco」と名乗るようになりました。

 

「toco」はスペイン語で「I touch(触る)」や 「I play(楽器を弾く)」の意味で、

いつも自己紹介の時は「Me llamo TOCO como tocar(私の名前はトコ、触る、みたいな)!」と言いながら相手の肩をトントンしたり、ドラムを叩く真似をしたりしています。

そうするとみんな一回で覚えてくれるように!

街を歩くとまるで地元のようにみんなが「Toco!」と話しかけてくれるようになりました。

 

実はスペイン語の母音は「ア エ イ オ ウ」、日本語と同じ5音なんです。

なのでスペイン語圏の人は日本語の発音をうまく言える人が多いんです。

それにプラス、スペイン語を連想させたら、きっとみんなすぐ名前を覚えてくれるはず。

ぜひみなさんもスパニッシュネームを作ってキューバで友達をたくさん作ってみてくださいね。

 

キューバ・カレタブエナ観光大使 Toco

-キューバ観光情報, コミュ力UP!スペイン語講座

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コミュ力UP!ちょい足しスペイン語講座①Hola

「¡Hola!」 スペイン語でよく耳にする挨拶。 スペイン語はhを発音しないので「オラ!」と読みます。 英語の「Hello!」にあたる言葉で昼夜問わず使えます。 日本語にすると「やぁ!」というようなフ …

プラヤヒロン

世界一キレイと言ってもいい入り江、カレタブエナ(Caleta Buena)に行くためには、 まずプラヤヒロン(Playa Giron)というところに行く必要があります。 そして、カレタブエナには宿泊施 …

コミュ力UP!ちょい足しスペイン語講座③Comó estás?のいろいろな答え方

Hola mi amiga guapa! Comó estás? (やぁ 僕のかわいい友達よ!元気?) 1回目と2回目のちょい足しスペイン語講座を合わせると実際にキューバでもよく聞くフレーズになります …

コミュ力UP!ちょい足しスペイン語講座④キューバの方言での挨拶

Hola! みなさんこんにちは! さて以前、スペイン語の「元気?」について書きましたが、 今度はもっともっとこなれた、かつ、キューバならではの挨拶を覚えてみましょう! 「¿Qué bola?」 ケ ボ …

コミュ力UP!ちょい足しスペイン語講座⓪プロローグ

キューバはスペイン語圏の国。当然のことながらみんなスペイン語を話します。 英語はほぼ通じないというのはよくいろんな情報にも出ていますが、 どのくらい通じないのかというと、 田舎ではワン・ツー・スリーす …